FC2ブログ

2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊おめでとう

2013年10月12日 00:35



新刊出ましたね!(遅)
発売記念に集合絵を上げておきます。
何を隠そう2年前に描いたものです!!…え。
これ描きながらヘルペス患って目が見えねええぇぇぇ!!となってたことが思い出されます…。
というか、元々集合絵でもなんでもなく、昔描いた漫画のコマから寄せ集めてきただけなんですが←
なので、自分にとってはとても珍しいペン入れした絵です。
たぶん、もう世にさらすことはないだろうなと思っていたものを、いつもお世話になっているQueenさまに
サルベージ絵切り貼り便箋もどき(ほぼ緑ス)でお手紙書いたところ、
世の傷心アリアバートファンのためにうpしてみては?とアドバイス頂いたので
一部抜粋修正して、調子に乗ってさらしてみました。
昔の絵に正面から向き合うのってかなり精神的にきますね…。
なんだ…むしろ私、退化してるんじゃないかな…ここ最近このくらい丁寧に主線拾って描いた記憶がない。
潔く、手直ししないでそのままあげるつもりだったんですが、どうしても我慢ならないところは多少修正しました。
といっても殿下と緑スと羊だけですが。直しはじめるとキリがないんだもの…orz
誰か色塗ってもいいのYO!←


4巻感想は追記にて。
ここにいらして下さる方には今更かもしれませんが一応たたんでおきます
さて、本題の4巻ですが…

な に こ の 『 イ ド リ ス 兄 弟 本 』! ! !

and JAバカップル…温度差が…温度差がすごいです

なんかね…読み終わった後ものすごい虚脱感に襲われました
誰も報われねぇ…
アリアバートはいらない子なんかじゃないんだよおおおおお!!!!!
タイタニア唯一の良心があああ!!うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ
それに、ゼルファ!!3巻で名前1回だけでてきただけの子が!ヤンデレじゃねーか!w
…どうしてこうなった、が読み終えた後の最初の感想でした

まぁ、正直イドリス家好きな私としてはイドリス兄弟が予想以上ににわんさかでてきてくれたので
そこは大変美味しかったです(*´ω`*)
コップも瓶もポイっしちゃうぜええええwww(キャッチする係にベルティエ氏がいなくて非常に残念です)
どんどん荒れてくるイドリス閣下に興奮しますwwwww
色んなもの飲んでましたね!ワインから炭酸、エナジードリンクまでwww
エナジードリンクでイドリスの社畜魂を見た気がします
タイタニアっていうブラック企業の社畜エリートですよイドリス閣下!!(´Д⊂ヽ
肌ガサガサで、髪も服も乱れ、目にくま作ってやつれ細っていく美しい人に萌えずいられません(*´д`*)ハァハァ
殿下、イドリスの執務室に隠しカメラしかけて荒んでいくの楽しんで覗いてんじゃないかな、このサディストめえええ!!!←
3巻でも不憫度MAXでなんて可哀そうなポジションと思ってましたが4巻はもっと酷かった
てか、イドリスっていい目みたことあるの…?
近衛軍司令官とか軍務大臣とか立場的には昇進してましたけど。
幸せそうなシーンがないんですよね…自分で敵作ってるのももちろんわかってるんですが。
なのでゼルファとのひと時の団欒がすごく輝いて見えました。この人、切実に癒しをもとめているよ…!!
そんなゼルファもまさかのヤンデレ。これはいい方向に裏切られたと思ってます(笑)ありがとう田中先生!
「ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD」とか「お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!」を思い出したのは私だけでしょうか(笑)(笑)
…こんなこと言ってると、アリアバートファンに刺されますね(;^ω^)
ちょっとは出てくるだろうと思ってたラドも結構な活躍
やっぱりやればできる子でした!ダメな方向にwwwいいぞ!もっとやれ!!←
毎回注射3本ってどんだけ頑丈なのwwwww死にそうで死なないあたり不死身のコーラサワー並みですwww
脱出カプセルで放流された時は、もうこのまま宇宙の藻屑と消えるのではないかとも思いましたが
しっかりちゃんと戻ってきちゃって…ほぼ無傷で。憎まれっ子世に憚るとはこのこと。兄貴もがっかりさ!!w
でも一応怪我ないか聞いてましたねw心配してるかどうかはわかりませんがwきっとしてないなwwww
あのギャグ要員&眠り姫という美味しいポジションを見ると作者、実はラドのこと好きなんじゃないかと勘違いしそうな自分がいます。だって馬鹿な子ほど可愛いじゃない!←


ここまでイドリス兄弟についての感想でした。
で、ジュスアリはというと、もうおなかいっぱいですごちそうさまでした
人目をはばからずどこでもイチャラヴ「俺のアリアバート…」という心の声がダダ漏れですよジュスラン卿
全てアリアバートまかせで何もしないジュスランがイドリスの社畜っぷりとのいい対比になっていた気がします
おのれジュスランめえええ!!!!!@イドリス
アリアバートは活躍しすぎて逆に不安になってましたがやっぱりな結果に…
あれだけ印象に残らないとか言われてた人が見せ場がっつり作っちゃね…フラグ以外の何物でもなかったですよ…
あっちでザー様と一緒にハラハラしながらコメンテーターとか実況解説でもしてほしいです
そうそう、時々ふっとでてくるザーさまに彼の存在の大きさを思い知らされます
また豪快な漢気溢れるザーさまが読みたいなぁ…外伝でないかなぁ…(´・ω・`)


W主人公のもうひとりの主人公、ヒューリック氏ですが…

……ねぇ、ほんとに 主 人 公 なの?

っていうくらい影薄かったんですけど…絡んでたラドの印象の方が強すぎて、めぼしい感想がでてこない…
俺タイタニアと関係ねーし!目標老衰だし!なんて態度とってたらもう出番なくなっちゃいますよ提督!


それにしても最終巻はどうなってしまうんでしょうね…
殿下が何をしたいのかさっぱりわかりません…
久しぶりにアニメ1話を見てたらケルベロス開戦で『これでタイタニアは100年は安泰だ』とか言ってましたが
4巻の殿下の奇行を見てると何が安泰なのかさっぱりわかりません…
イドリスもジュスランもお先真っ暗になっちゃってるし、ジュスランはイドリスというより殿下とケンカしたそうですよ
イドリスも灰になっちゃたし、果たしてまた『宇宙をわが手に!』って立ち上がれるんでしょうか
最後の窓に映る自分の姿を見た彼から絶望しか感じられないんですが
生きる気力すらなくなってそうな…自害なんてことはしない…とは言い切れないような気もします
まだゼルファがいるのでそこまではしないと思いますけど、そのゼルファがあんな状況になちゃってますしね
愛する弟を利用した殿下にどうでるのか、アジュイドスキーとしては非常に気になる展開です
ゼルファがあんな細工を施した令旨、自分で準備できるの??いやいや、殿下でしょ?
『ジュスラン→←イドリス』じゃなくて『ジュスラン→殿下←イドリス』という構図もありえる
でもな…イドリスは人望がないから殿下がバックにいないと誰もついてこないしなぁ…
やっぱりこのまま引き続き殿下の傀儡なのでしょうか。不憫すぎる。
次巻ではもう死亡フラグ覚悟していますので、殿下の傍を離れないなら、いっそ殿下をかばって死ぬくらいのいいとこ見せてほしいです
もしくはヤンデレと心中とか、ぞんざいな扱いしてた愚弟に刺されるとか身内がらみで亡くなるのも美味しいと思います(笑)←


次巻は何年後に出るかもわからないですし、妄想するだけ妄想してやるさ!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mistakefilm.blog84.fc2.com/tb.php/247-25076cf6
    この記事へのトラックバック


    Recent Entry


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。